クリームパンの元祖 − 東京 新宿 中村屋

あんぱんと並んで菓子パンの代名詞とも言えるクリームパン。今現在ではコンビニエンスストア、スーパーマーケットをはじめどこでも買うことができます。

そんな菓子パンの王様、クリームパン。クリームパンの元祖は新宿にある中村屋だと言われています。
こちらはカレーパンの元祖としても有名なお店です。
(諸説あります。)

IMG_9842

クリームパンのきっかけは、明治37年のある日、創業者である相馬愛蔵・黒光夫妻が当時珍しかった西洋菓子のシュークリームを食べたことからはじまります。
このシュークリームをヒントに、あんぱんの餡庫ではなく、中にクリームを詰めるアイデアを思いつきます。
何より、小豆と砂糖の餡庫ではなく、乳製品の方が栄養価も高く、西洋風のパンとして世の中にウケるのではないかと思ったのだそうです。

多くのクリームパンといえば、野球のグローブのような形をしていますよね。こちらのお写真でも確認できると思います。
とはいえ、元々クリームパンを売りだした当初は柏餅型だったのだそう。
柏餅型だと、製造工程でクリームとパン生地の間に空洞ができてしまう恐れがあるためにグローブのような形になっているのだそうです。
この形だと、そのようなことが起こることが少ないのだとか。もちろん柏餅型でも品質に問題があるわけではないのですが、空洞ができてしまうと感覚的に損をしたような気分になってしまうからなのだそうです。
木村屋の気配り、心配りが活きているというわけですね。

———-新宿中村屋基本情報———-
・創業年
・1901年4月1日(明治34年)
・営業時間
10:00~20:30(元日定休)
・住所
・東京都新宿区新宿三丁目26番13号

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ