うにスパゲティーの元祖 − 東京 渋谷 壁の穴 渋谷本店

うにパスタ(うにスパゲッティー)の元祖は東京 渋谷にある壁の穴 渋谷本店だと言われています。

こちらはたらこスパゲティー発祥のお店としても有名な渋谷の名店です。

たらこスパゲッティーの様にコンビニなどでインスタントパスタになるほどメジャーではありませんが、少しハイソなパスタ屋さんに行くと、うにパスタがメニューに記載されていたりしますよね。

12132587_860786060709760_5632588272436259896_o

(お写真はいくら&うにパスタのパスタになります。)

元々、壁の穴は常連客のリクエストを反映させたパスタメニューを考えるお店でした。
また、お店が出来た1963年(昭和38年)当初、フランス料理そのものが日本ではまだまだマイナーな料理。
マイナーな料理であるがゆえに、常連客の声を取り入れ、親しみやすいメニューを日々考案していました。
そんな中で生まれたのがこのうにパスタなのだそう。

これは、”壁の穴”の名前の由来にも関わっています。壁の穴とは、シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」に出てくる言葉「ホール・イン・ザ・ウォール(壁の穴)」のこと。この作中の感動的なシーンを象徴する言葉で、お店とお客様の心を通じ合わせるという意味合いがこもっているのです。

壁の穴は、いわゆる和風系のスパゲッティの基礎を作り、ここから全国に広まっていったと言われています。

現在では関東・関西に11店舗を構える有名パスタ屋さんとして名を馳せています。
どの店舗でも美味しいスパゲティー・パスタを召し上がることができます。

———-壁の穴渋谷本店 基本情報———-
・創業年
・1953年(昭和28年)
・営業時間
【月~金】11:30~23:00(L.O.22:00)
【土・日・祝】11:00~23:00(L.O.22:00)
・住所
・東京都渋谷区道玄坂2-25-17カスミビル1F

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ