シーフードドリアの元祖 − 横浜 元町 中華街 ホテルニューグランド コーヒーハウス ザ・カフェ

シーフードドリアの元祖は、横浜 元町 中華街 ホテルニューグランド コーヒーハウス ザ・カフェであると言われています。
何度か登場していますがホテルニューグランド コーヒーハウス ザ・カフェは横浜は山下公園近く。最寄り駅は元町・中華街駅。
こちらはナポリタンスパゲティの元祖プリンアラモードの元祖としても有名なお店です。

12414331_10208052021759745_1951497216_o

現在の洋食レストランでは定番の人気メニュー「シーフードドリア」。某ファミレスでも定番中の定番メニューですね。
ドリアの世間一般的なイメージだと、ミラノ風…なんて呼ばれるのでイタリア料理かと思われがち。…ですが、元々は日本で生まれた料理なのです。
こちらは戦前のホテルニューグランド総料理長であるサリー・ワイル氏が、ホテルニューグランドの厨房で考案した料理。

戦前当時のある日、ホテルに宿泊されていたお客さんが体調不良で寝込んでしまったそう。当時「コック長はメニュー外のいかなる料理にもご用命に応じます」とメニュー表に書いていました。
それを見た体調不良のお客さんが「体調が良くないので、何かのど越しの良いものを」とオーダーしたのが、シーフードドリア誕生のきっかけです。

サリー・ワイル氏はフランス料理・イタリア料理・スイス料理などヨーロッパのメジャーな料理全般が得意で、当時の日本でもかなり希少なコックさんだったのだそうです。
サリー・ワイル氏は様々な地方の料理のノウハウを駆使し、シーフードドリアを作りました。
(たしかに、おじやの様な感じもありますし身体も温まるので寝込んだときにはぴったりな料理ですね!)

こちらのシーフードドリアは、その後お店の名物となり、サリー・ワイル氏のお弟子さん達が全国に伝え広げて現在に至ります。
現在でも、ホテルニューグランド コーヒーハウス ザ・カフェの名物として名を馳せています。

———-ホテルニューグランド コーヒーハウス ザ・カフェ基本情報———-
・創業年
・1927年(昭和2年)
・営業時間
10:00~21:30(L.O.21:00)
※コースのラストオーダーは20:30迄。
※土日祝のご予約は承れません。
・住所
・神奈川県横浜市中区山下町10ホテルニューグランド本館1F

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ