福神漬けの元祖 − 東京 上野広小路 酒悦

カレーのお供。福神漬け。そんな福神漬けの元祖は上野〜御徒町にある漬け物屋さん”酒悦”だと言われています。
こちらは創業1675年(延宝3年)、野田清右衛門が伊勢山田(三重県)より江戸に赴き、お店を構えたことがはじまりです。老舗中の老舗の福神漬けの発祥店です。酒悦は元々、海産物を多く扱う商店でした。

酒悦2

そんな歴史の中で、福神漬けが発明されたのは明治10年頃と言われています。
今現在ではカレーのおともに添えられるようになったのは明治35年〜36年頃。日本郵船のヨーロッパ航路の一等船室が最初と言われています。
肝心の酒悦の福神漬ですが、もちろんカレーに合うものも揃えているそうですが、こちらと白米だけで成立するほど濃厚な味わいで箸が止まらなくなります。
IMG_9945

誇張なしに、この元祖福神漬だけで白米3杯くらいはペロリといけるくらい強力なおかずです。
(福神漬けの他にものり佃煮をはじめお酒のお供を数多く扱われています)
また、福神漬けは味やパッケージの種類が豊富で、缶詰や樽入りなどもあります。不定期で期間限定のものも扱いがあるそうです。

元祖福神漬は、私達の予想を良い意味で裏切ってくれますよ。

———-酒悦 基本情報———-
・創業年
・1675年(延宝3年)
・営業時間
10:00~19:00(元日、1月2日は休み)
・住所
・東京都台東区上野2-7-11

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ