油そば(まぜそば)の元祖 − 吉祥寺 ぶぶか

つけ麺ブームに続き、今やメジャーになった”油そば”。場合によっては”まぜそば”と呼ぶお店もあります。
また、カップ麺やコンビニ弁当でも油そばやその亜種を見かけるようになりましたね!

そんな”油そば”ですが、油そばの元祖は吉祥寺にある”ぶぶか”というお店と言われています。
(※諸説あります。)
以前までは吉祥寺駅南口に軒を構えていましたが、最近北口の商店街付近に新しく移転されました。
天下一品ラーメンのように、こってりとあっさりの2つのスタイルが用意されています。
ちなみに”ぶぶか”の由来はウクライナの棒高跳び代表の”セルゲイ・ブブカ”選手の名前から。
幾度と無く世界記録を塗り替えた選手として名を馳せましたが、吉祥寺のぶぶかもそれにあやかって、味の鍛錬を重ね記録を塗り替えたいというところから名前をいただいたそうです。

IMG_9168

こちらが元祖油そば。太いちぢれ麺が油スープと絶妙に絡みます。
現在ではコンビニでもぶぶかの油そばのインスタントカップが売られているようです。

———-ぶぶか 基本情報———-
・創業年
・1995年
・営業時間
11:30~24:00
年中無休
・住所
・東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-1 1F

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ