裏返したいなり寿司の元祖 − 六本木 おつな寿司

いなり寿司。甘辛いタレと酢飯が混ざり合うハーモニーが最高ですよね。
そんないなり寿司の油揚げを裏返すとふっくらと厚みを感じる独特の食感に変わります。

12189331_875805302541169_3995334556540626910_o
こちらを初めて考案したのは、東京は六本木にある”おつな寿司”だと言われています。

1875年(明治8年)から続く都内屈指の老舗鮨屋です。

887511_875805212541178_420691007536263039_o

六本木という場所柄、テレビ局をはじめメディア関係者が働く職場が多く、こちらは通なお土産として大人気なのです。
油揚げを裏返して食べることから「裏(番組)を食べる」というゲン担ぎが生まれ、業界人の定番のお土産となっています。小粋ですよねぇ。

———-おつな寿司 基本情報———-
・創業年
・1875年(明治8年)
・営業時間
[月~金]
11:30~22:00(L.O)14:15~16:00は休憩
[土・祝]
11:30~20:30(L.O)14:15~16:00は休憩
[日]
召上り・江戸前はお休みです。~13:00
いなり寿司・巻物のお持ち帰り
10:00~
・住所
・東京都港区六本木7-14-16 リバースビル1F

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ