ゴーフル(ゴーフレット)の元祖 − 上野風月堂

ゴーフル(ゴーフレット)とは、薄いウエハースの間にクリームを挟んだ専用の型で作る凹凸模様の平たいお菓子。神戸のお土産で貰った経験がある方もいらっしゃると思います。

12189478_876217842499915_2359170814270623234_o

英語圏ではワッフルと呼ばれることもありますが、「ワッフル」だと日本ではクリームを生地で挟んだ別のスイーツを指す場合がほとんどだと思います。

日本では、「ゴーフル」「ゴーフレット」等の名前でお土産屋さん等で販売されています。カンカンに入ったものから、箱に入ったものまで様々。バニラクリームが一般的ですが、ストロベリーや抹茶、チョコレート。変わり種だとバナナクリームやチーズクリームもあるそうです。
厳密にゴーフレットはゴーフルの小さくなったものだそうです。しかしながらゴーフルをゴーフレットと指す場合もあります。

こちらのゴーフルの元祖は、昭和初期に風月堂一門によって開発されたもの。2015年現在では風邪月堂の流れを汲む複数の和・洋菓子会社メーカーによって製造・販売されています。ちなみに「ゴーフル」は神戸風月堂によって商標登録されています。

風月堂系列の元祖は上野風月堂。風月堂の中でもひときわ歴史があり、1747年(延享4年) 創業の老舗中の老舗和菓子屋さん。
東京は上野広小路駅(仲御徒町駅)のA4出口を上ったすぐにあります。

ちなみにゴーフル以外にも様々な和菓子を提供しており、また栗ゴーフルなどの季節限定のゴーフルも定期的に展開されています。

———-上野風月堂 基本情報———-
・創業年
 ・1747年(延享4年)
・営業時間
[月~土] 10:00~20:00
[日] 10:00~19:00
不定休です。
・住所
・東京都台東区上野1-20-10 風月堂ビル 1F

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ