オムライスの元祖 − 銀座 煉瓦亭

オムライスの元祖は、東京 銀座にある煉瓦亭と言われています。

11938324_843855489069484_6024831019401597836_o

元々は煉瓦亭で働く従業員のまかない料理だったものを、お客さんの要望により定番メニュー化したものなのだそうです。
オムライスはすぐに作れる料理として溶き卵、ミンチ、玉ねぎ、ライスを混ぜ合わせてフライパンでふっくら焼き上げた料理でした。煉瓦亭のオムライスは現在の一般家庭のオムライスとは少々違い、ライスに溶き卵が絡んだ炒飯のようになっています。

煉瓦亭からオムライスが各地に広がり、現在多くの家庭で楽しまれているようなケチャップやデミグラスソースがかかったオムライスの形になったと言われています。

(参考)東京 銀座 煉瓦亭(1895年創業)

—煉瓦亭 基本情報—

・創業年
 ・1895年(明治28年)
・営業時間
・平日 11:15 – 21:00
 ・土曜日・祝日 11:15 – 20:45
(日曜日休業。途中15:00 – 16:40まで休み時間あり)
・本社所在地
 ・〒104-0061東京都中央区銀座3丁目5-16

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ